20191026 23:00~

elemog vol.109 -Halloween Special-

201910elemog_web.jpg

OPEN/START 23:00
CLOSE 5:00
DOOR ¥2,500 (1D)
☆ハロウィングッズの着用・仮装で入場料 ¥500 オフ!

※20歳未満の方のご入場はお断りさせて頂きます。入場の際に公的写真付身分証明書の提示をお願い致します。

■GUEST
YUC'e
WATARU
PSYQUI

■DJ
D-YAMA
Yako
hara (HyperJuice)
kei。
melo
has
NES

■VJ
onom
mika (midori-gumi)
ニシダ

■LED
Ctrl+A

■YUC'e
elemoghallo_YUCe.jpg

作詞/作曲/編曲/歌/ミックスまで行い、ライブやイベントで東京を中心に活動。
2015年に"YUC'e"としての活動を開始。
2017年10月には自身初の流通アルバムをリリースし、その表題曲、Future CαkeでSpotifyで11日連続バイラルチャート1位にランクインを達成した。
TVアニメ「化物語」や「アイカツ!」、アーティストではm-floやディーン・フジオカの公式リミックスを担当。
また、KONAMI「beatmania IIDX」やSEGA「CHUNITHM」などの音楽ゲームにも自ら歌った楽曲を提供。
2018年7月にはアメリカのMicrosoft Theaterに出演を果たした。その後も9月にシンガポールSTGCC、またアメリカAWAにも出演。現在トラックを作る傍らで、ヴォーカリストとしての活動も行い、徐々にその世界観を広げている。

■WATARU
elemoghallo_wataru.jpg

数多くの新しいジェネレーションのDJ達の中でも、WATARUは一際目を惹く存在として東海圏を中心に数々のパーティに出演。
彼の持ち味は、エレクトロニック・ダンス・ミュージックをベースにしながら世界で日々生まれる新しいサウンドを即時に共有し、アップリフティングなプレイでフロアにいる観客を瞬く間にヒートアップさせる。
2015年2月、旬の海外トップ・アーティストを招聘し、最先端ダンス・ミュージックの発信源となるニュー・パーティ "SWAG!" を始動させ、第一弾のヘッドライナーにBOTNEKを招致。5月にPEGBOARD NERDSを招聘して会場全体を震撼させた。また、自身で手掛けるパーティ以外でも、国内大物アーティスト達との共演を果たし、世界的に著名なアーティストを招聘したパーティにも次々と声が掛かる。
そして7月には自身初の海外・アジア進出となる2,000人キャパシティのフロアとラウンジ、ホテルを併設した韓国最大級の規模と人気を誇るクラブ "Club GRID" に、№1 EDMヒットメーカー / 世界DJランキング「DJ MAG TOP 100 DJs 2014」初登場63位のMAKJと共に出演を果たし、超満員のフロアを沸き立たせた。
第五弾の "SWAG!" ではSKRILLEXが主宰するレーベル "OWSLA" の中でも一際重要なアーティスト、VALENTINO KHANを招聘。
10月の第六弾にはDJ MAG世界DJランキング 2016で8位にランクインしたOliver Heldensの単独ジャパンツアーをサポート。第10弾ではPorter Robinsonを招聘し、過去最大の動員数を記録。
更に、electroX 2017、EDC JAPAN 2017のメインステージへ大抜擢され、日本中を飛び回っている中、世界最大級の都市型フェスティバル "SUMMER SONIC 2017" への出演も果たしている。
彼が放つ言葉では表現出来ないボジティブなエネルギーは、今後の更なる活躍を予感させるには十分と言えるだろう。

■PSYQUI
elemog_SYQUI_icon_1000px.jpg

■Naohiro Yako (Bunkai-Kei records/flapper3)
elemog_yako_photo_main.jpg
2010年よりトラックメーカーのGo-qualiaとともにオンラインレーベル"Bunkai-Kei records"を主宰。分解系でのリリース・企画のプロデュースをするほか、「OUT OF DOTS」や「with a future」「大ネットレーベル祭」などのイベントオーガナイズや、「elemog」「癒音」等のイベントでレギュラーDJとしても活動。分解系レコーズ「CreativeCommandsCompilationData」のリリースにて2012年に文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品賞を受賞。
またVJとしてこれまでにULTRA JAPAN・ULTRA KOREA・FUJI ROCK FESTIVAL・ROCK IN JAPAN・sonar sound tokyo・WOMB ADVENTURE等VJ出演、19歳時にVJソフトmotion dive.tokyo performance package映像ディレクションを担当、VJバトル"VisualJam vol.2"優勝。近年はbanvox・kz(livetune)の専属VJも行い、banvoxのロゴ・ジャケットのアートディレクションも担当。
2002年よりメディアデザインプロダクションflapper3 Inc.の設立メンバーとしても活動し、Go-qualia・kz (livetune)・BUMP OF CHICKEN・古川本舗などのMV制作や、初音ミク「マジカルミライ」・安室奈美恵・三代目JSB・でんぱ組.incなどのコンサート演出映像等を手掛けている。

http://bunkai-kei.com
http://flapper3.co.jp

■hara (HyperJuice)
hara400px2016.jpg
1991年生まれ。
00年代中期のアンダーグラウンドに影響を受け2007年からDJとして活動を開始。
レコードショップのクラブバイヤーを経て、2013年に「HyperJuice」を結成。
都内を中心に全国各地のクラブでプレイし、「ULTRA JAPAN」「Outlook Festival Japan」「Electric Zoo」等の大型フェスに出演。
海外アーティストのサポートアクトを数多く行い、ButterzのElijah & Skilliamがプロデュースする「Boiler Room Tokyo JP Grime All-Stars」でもプレイした。
UKグライムシーンの雄・Stormzyから初来日の際にライブDJに指名され「adidas Originals by NIGO」のプロモーションムービーに参加。
現在はPioneer DJのオフィシャルプレイヤーとしてDJソフトウェア「rekordbox™」を始め、様々な最新DJ機材の開発に携わり「Pioneer DJ XDJ-RX2」のデモンストレーターを務めた。
クラブミュージック専門ラジオ局「block.fm」でレギュラー番組「HYPE ME RADIO」のパーソナリティーを担当。
東京の次世代を牽引するDJの1人。

https://soundcloud.com/haraqlo
http://block.fm/program/hype_me_radio/
https://twitter.com/haraqlo

■melo
melo_photo.JPG
1990年生まれ。2009年より本格的にキャリアをスタート。
Bassline, Grime等を軸としたUKベースにRAVEの要素を存分に盛り込んだ選曲が特徴で、現在は2本のレギュラーパーティーを中心に各地のパーティーで活躍中。
14年6月には1st Mixtape「Acid Killinger」を発表し、大きな注目を集めた。
DJとしての活動の他、歴代block.fmチャンネルの中でも異色の番組・
「MOGRA工業学院放送室」でパーソナリティを務めるなど、活躍の場をさらに広げている。
https://soundcloud.com/mellowpink

■has
has_ArtistPhoto_sub.jpg
Future Beatsを中心にHouse、Disco、R&B、Bass Musicなどイベントによって様々なジャンルをプレイ。都内主要クラブで活動し、YOSAとTAAR主催の「MODERN DISCO」にも2018年より出演。アーバンな雰囲気や空間づくりに定評があることからクラブ以外のカフェやナイトプールなどでの出演も多く、精力的に活動の幅を広げる。

国内アーティストだけではなくBreakbot、 Lido、 Nina las vegas、SHIFT K3Y、 Hoodboiなどの海外アーティストとの共演も果たし一躍注目を集める傍ら、オーガナイザーとしても積極的に活躍。自身が主催するパーティ「BOUNCE UP」では、LH4L、R3LL、bo enなどを海外から招致し、国内のシーンでも注目を集めている。

https://twitter.com/hasu_has
https://soundcloud.com/hasu_has

■NES
elemog_nes.jpg
1985年福岡県生まれ東京都在住。DJ/トラックメイカー。
高校卒業後の2003年よりHIP HOP DJ/トラックメイカーとしてキャリアをスタートし、色々経て現在はUK Garageを軸としたダンスミュージックに傾倒中。
また、上京後の現在も地元福岡で開催している、アニソン×クラブミュージックをコンセプトとしたイベント“ANIME Splay”の一員としても活動中。
かつてはBASS MUSIC、J-POP、アニソンと異なるジャンルのイベントにDJとしてレギュラー出演。常連、一見を問わずにフロアを自分の世界に引きずり込んでいくような、独自の価値観/解釈による幅広い選曲、流れを意識したプレイスタイルで福岡にて好事家相手に評価を得る。
にも関わらず2016年12月、何も考えず突如東京に移住。満員電車通勤に疲弊する日々を過ごす。
2017年、トラックメイクの名義としてMonoDrumをスタート。

https://twitter.com/_MonoDrum_
https://soundcloud.com/nes2000xl
https://mixcloud.com/nes2000xl/

■kei。(MOGRA)
kei_photo2.jpg
秋葉原MOGRAの愛玩スタッフでありDJ。
コミュニケーション能力に乏しいだけでなく、自身をアピールすることが苦手なシャイボーイである。
その反面DJの評価は高く、場の雰囲気に合わせた選曲をする能力に長けており、過去にはSHIBUYA-AXにてソニー・マガジンズが主宰する"リスアニ!CIRCUITVol.01"へのDJ出演、VOCALOID公式チャンネルpresents「53時間生放送やってみた~WE ARE THEVOCALOID~」番組内にてボーカロイドオンリーDJセットを披露し、同番組最多同時視聴者数を記録するなどの経歴を持つ。
その他にもANISON MATRIX、elemogなど多ジャンルに及ぶイベントでレギュラーを務めるなどその多彩なDJスキルを発揮している。